このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

南アフリカ保健省関係者が支払基金本部を訪問

最終更新日:2017年3月16日

 3月7日、南アフリカ共和国保健省の方4名とJICA(独立行政法人国際協力機構)の関係者5名が支払基金本部を訪問されました。

 JICAは、南アフリカ共和国において「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ達成のための保健財政能力強化」事業を行っており、3月5日から11日までの間、南アフリカから行政官を招いて厚生労働省をはじめとする医療保険関係者の講義や、地方自治体や病院の見学が行われました。
 支払基金の訪問はそのプログラムの一部として行われたものです。

 支払基金では、来訪された同国保健省の方々に、制度構築や運営に活かしていただけるよう、日本の医療保険制度のなかで支払基金が果たしている役割について説明するとともに、画面審査のデモンストレーションを行いました。

 同国保健省の方々からは、一人の患者の医科と調剤のレセプトを同一画面に表示して審査できるシステムや、医学上の妥当性のある請求かどうかを判断している審査制度について感銘を受けたなどの感想をいただきました。

 支払基金は、今後も診療報酬の審査支払の専門機関として蓄積してきたノウハウをお伝えするなど、国民皆保険制度の構築などを進められている国々の政府関係者のお役に立てるよう積極的に協力してまいります。

お問い合わせ

広報室 広報課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441(内線753、755)
ファックス:03-3591-6708

メールアドレス:honbu@ssk.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る