このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

支払基金は働き方改革と女性活躍推進に取り組んでいます

 支払基金は、今年(平成30年)9月、設立70周年を迎えます。これからも、診療報酬の「適正な審査」と「迅速な支払」を通じ、関係者のご理解とご協力をいただきながら、日本の医療保険制度を支える役割をはたしていきます。
 今、日本は、団塊の世代がすべて後期高齢者になる2025年問題を控え、医療費の膨張が見込まれるなかで医療保険制度の持続性を高めるには何をどうすべきかが問われています。
 支払基金も時代の要請に沿うよう自ら変革していこうと、Change(既存業務の大胆な変革)、Challenge(新たな分野への挑戦)、Chance(自己変革できる組織に生まれ変わる好機)の3Cビジョンで改革に取り組んでいます。

 改革にあたっては、すべての職員が、最大限、能力を発揮できることが不可欠であることから、働き方改革と女性活躍推進に取り組んでいます。

  • 働き方改革

 平成29年より「働き方の考え方を変革する」として、業務の効率化につながるよう、仕事の量や進め方などの見直しに取り組んでいます。

  • 女性活躍推進

 平成28年4月に施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき新規ウインドウで開きます。支払基金行動計画を策定し、さらに、
 ・ 女性活躍のあり方について検討する「女性活躍推進委員会」の設置
 ・ 全国の女性職員のネットワークづくりとして「全国支払基金女性交流会」の開催
など、積極的に取り組んでいます。

こうした取組みについては、日経BP社から伊藤理事長が取材を受けました。
記事は、新規ウインドウで開きます。こちら(外部リンク)をご覧ください。

お問い合わせ

ダイバーシティ推進室 ダイバーシティ推進課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成29年度

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る