このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

疑問1 支払基金においては、高コスト体質が改善されていないのではないか。

最終更新日:2016年4月1日

1 支払基金においては、人件費及び物件費の両面にわたる総コストの削減に取り組んでいます。

2 具体的には、審査支払業務を経理する一般会計の支出について、平成22年度予算では、ピーク時の平成13年度決算と比較して▲5.9%(▲51.3億円)としました。平成27年度には、ピーク時の平成13年度決算と比較して▲15.8%(▲138.9億円)とすることを目指します。

3 その結果、保険者によって負担される全レセプトの平均手数料について、平成22年度予算では、ピーク時の平成9年度決算と比較して▲15.9%(▲17.05円)としました。平成27年度には、ピーク時の平成9年度決算と比較して▲25.4%(▲27.29円)とすることを目指します。

4 なお、詳細については、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「支払基金サービス向上計画(平成23~27年度)」(平成23年1月13日)中の
① 図表9「一般会計の支出の削減」
② 図表13「平成27年度における全レセプトの平均手数料の見込み」
③ 参考17「総コストの削減に向けた取組みの例」
④ 参考20「全レセプトの平均手数料の推移」(PDF:136KB)

を参照してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

経営企画部 総合企画課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441(内線742)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る