このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

疑問3 【審査事務における看護師の活用に関する比較】韓国の健康保険審査評価院では、審査職員の大半が看護師となっている。日本の支払基金でも、審査事務に従事する職員として看護師を活用すべきでないか。

最終更新日:2016年4月1日

1 韓国における看護師の就業実態

 韓国では、看護師としての就業者の中には、臨床の現場で勤務する者のほか、医療機関の診療報酬請求事務に従事する者も、少なくありません。
 このような看護師の就業実態を背景として、健康保険審査評価院では、審査職員の採用資格が医師、薬剤師、看護師等の免許を受けた者に限定されるとともに、審査職員の大半が看護師となっているのではないか、と考えています。

2 日本における看護師の就業実態

 これに対し、日本では、看護師としての就業者のほとんどは、臨床の現場で勤務しています。
 このような看護師の就業実態を前提とすると、支払基金で審査事務に従事する職員の大半を看護師とすることは、困難でないか、と考えています。
 いずれにせよ、支払基金は、平成21年度以降に採用される職員の応募資格について、大学卒業者と別枠で、薬剤師、看護師又は歯科衛生士の免許を有する者を対象としています。

お問い合わせ

経営企画部 企画課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441(内線742)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る