このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

福島県の一部市町村が実施する子ども医療費助成事業における県外受診分の審査支払事務の受託について

最終更新日:2017年4月3日

県外受診分に係る審査支払事務の受託について

支払基金では、平成26年3月診療分(4月請求分)から福島県の一部市町村が実施する「子ども医療費助成事業」の被用者保険分に係る県外受診分の審査支払事務を受託しています。

医療機関等の皆様には、平成26年3月診療分(4月請求分)から、福島県の一部市町村(※1)が実施する子ども医療費助成事業の受給者(被用者保険)の方が受診された際、現物給付での対応(※2)にご協力をお願いいたします。
また、該当するレセプトの請求に関しましては、電子レセプト(オンライン又は電子媒体)による請求若しくは紙レセプトによる請求(※3)にご協力をお願いいたしますが、いずれの請求においても対応が困難な場合は、従前どおりの、受給者の方が医療機関等の窓口で一部負担金を支払っていただいた後、市町村に申請を行うことにより還付をうける償還払いとなります。
なお、被用者保険の被保険者が、一部負担金等免除証明書と福島県子ども医療費助成事業に係る受給者証をお持ちの場合は、一部負担金等免除証明書が優先されますので、ご注意ください。

※1 県外受診分を受託する福島県内各市町村(公費負担者番号)については、別途ご連絡いたします。

※2 受給者の方からは窓口での徴収を行わず、被用者保険と医療費助成事業の併用レセプトにより、各医療機関等が所在する都道府県の社会保険診療報酬支払基金支部へ請求していただくこととなります。
なお、平成26年2月診療以前分を併用レセプトで請求された場合、レセプトを医療機関等にお返しすることとなりますのでご留意願います。

※3 請求方法は、医療機関等の状況に応じて選択していただくこととなります。
レセプトコンピュータを使用した請求をお考えの場合は、事前に請求が可能であることをレセコンベンダー等にご確認願います。また、レセプトコンピュータのシステム改修が必要な場合の改修の実施及び時期については各医療機関等のご判断となります。
なお、電子レセプトでの請求が困難な場合は、紙レセプトでの請求も可能となりますので、できる限りのご協力をお願いいたします。

福島県子ども医療費助成事業の実施内容(平成25年10月現在)

実施時期

平成26年3月診療分(4月請求分)から

対象保険医療機関等

全国の保険医療機関、保険薬局及び訪問看護ステーション

対象年齢

入院・入院外ともに0歳から18歳まで

患者負担額

患者負担額→なし
食事療養費の標準負担額→なし

法別番号

お問い合わせ

各医療機関等が所在する都道府県の社会保険診療報酬支払基金支部へお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

都道府県別事業内容(福島県)

  • 福島県の一部市町村が実施する子ども医療費助成事業における県外受診分の審査支払事務の受託について

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る