このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

制度の仕組みと支払基金の役割

最終更新日:2017年11月6日

介護を必要とする人が安心して介護サービスが受けられるよう、支払基金はその費用を徴収・交付する等の大切な業務を担っています。

介護保険制度は、加齢に伴って生じる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態になり、入浴、排せつ、食事などの介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスを提供する制度として、国民の共同連帯の理念に基づき、平成12年4月に創設され、法施行5年目に検証が行われ、平成18年4月から本格実施されています。
支払基金では、介護保険法の規定により介護保険関係業務として、40歳以上65歳未満の医療保険加入者である第2号被保険者が負担する『介護給付及び予防給付(介護サービス)に要する費用』及び『介護予防・日常生活支援総合事業に要する費用』を、各医療保険者から徴収し、市町村等へ交付する業務を行っています。

画像:介護保険制度のしくみ

お問い合わせ

退職者医療・介護保険部 介護保険課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441

本文ここまで

サブナビゲーションここから

介護保険関係業務

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る