このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年7月4日 厚生労働省は4日、2つの計画を公表

 4日、「国民の健康のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表」(厚生労働省、社会保険診療報酬支払基金、国民健康保険中央会)と「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表」(厚生労働省、社会保険診療報酬支払基金)の2つの計画が公表されました。

 これらは、塩崎恭久厚生労働大臣が4日、閣議後に公表されたもので、会見上、大臣からは、

  • 「データヘルス活用推進計画」は、データヘルス改革で実現を目指すサービスのうち、支払基金等が中核的な役割を果たすことが期待される「健康・医療・介護のビッグデータ活用に関する施策」について、その具体的な活用方法、運用・管理の在り方等を提示するものである。
  • 「業務効率化・高度化計画」は、審査支払機関を「業務集団」から「自ら考え、自ら行動する頭脳集団」に改革するものである。
  • いずれの改革も、厚生労働省として、支払基金等とともに、これらの計画に沿って、着実に改革を進めていく。

との発言がありました。

 現在、厚生労働省において、「データヘルス改革推進本部」が立ち上げられ、健康・医療・介護のビッグデータを、ICT技術を活用して連結し、データ連携の基盤となる「保健医療データプラットフォーム」の構築に向けて、2020年度には本格的なサービスを実施できるよう精力的に取り組むこととされております。

 支払基金は、今後、効率化・高度化計画に盛り込まれた審査支払新システムの構築、審査業務の徹底的な効率化等の取組みについて、厚生労働省や関係機関とも密接に連携しながら、計画・工程表に沿って改革を着実に進めます。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表の概要」(PDF:231KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表本文」(PDF:73KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「国民皆保険の下での業務効率化、高度化により、国民の負担軽減と全国どこでも質が維持され、統一された医療の実現を目指します」(PDF:124KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表の概要」(PDF:504KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「国民皆保険の下での審査支払業務の効率化・高度化」(PDF:446KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表本文」(PDF:405KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

広報室 広報課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441(内線753、755)
ファックス:03-3591-6708

メールアドレス:honbu@ssk.or.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成29年度

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る