このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年4月3日 福井県内各市町村が実施する医療費助成事業の審査支払事務を受託

平成30年4月診療分(5月提出分)から、福井県各市町村が実施する医療費助成事業の審査支払事務を受託することとなりました。

  • 被用者保険分に係る福井県各市町村の子ども医療費助成事業、ひとり親家庭等医療費助成事業、重度障害者医療事業の請求については、各医療機関等より被用者保険分との併用レセプトにて社会保険診療報酬支払基金福井支部へ請求していただくことになります。
  • 地方単独医療費助成事業の審査支払事務を支払基金が受託することにより、医療機関等では、請求先が一つになり、事務負担が軽減されるだけではなく、電子レセプト請求への対応が可能となること、並びに実施主体である地方公共団体では、保険者との高額療養費の調整事務が軽減されるとともに医療費助成金の請求に審査結果が反映されることにより医療費の適正化が図られます。また、保険者にとっても付加給付の過払い防止につながるなどのメリットがあります。

今後も、地方公共団体が実施している医療費助成事業の審査支払にお役に立てるよう受託に向けた働きかけを行ってまいります。

医療費助成事業とは

各都道府県及び市区町村(以下「地方公共団体」という。)において、患者が医療機関の窓口で支払う医療保険の一部負担金の全部又は一部を条例や実施要綱に基づき独自に地方自治体の公費で助成する事業です。
医療費助成事業の助成方法としては、現物給付方式(助成分は地方公共団体が医療機関等に支払う)又は償還払い方式(患者は医療機関の窓口で一旦、一部負担金を支払い、後日、市役所等に還付申請を行う等)があり、現物給付方式であれば支払基金が受託することが可能となります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

広報室 広報課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441(内線753、755)
ファックス:03-3591-6708

メールアドレス:honbu@ssk.or.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成30年度

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る