このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年7月12日 4月確定件数 前年比4.0%増加 ~アレルギー性鼻炎・結膜炎の反動減の影響~

最終更新日:2018年7月12日

平成30年4月診療分の確定件数は総計で8,937万件であり、例年、4月診療分は医療機関等からのレセプト請求が少ない月ですが、前年同月比で総計は+4.0%、医療保険分+3.8%、各法分+5.0%となっています。

これは、正規の職員・従業員数が同2.0%増加(注)しており、被用者保険の加入者数が同様に増加していると仮定すれば、確定件数の伸びに影響していると考えます。

なお、3月に多かった「アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎」で請求された4月のレセプト(疑い含む)は約1,130万件で、前月(約1,560万件)に比べ約430万件減少しており、季節的な影響も少なくなっているものと推察します。

確定金額は総計で9,815億円であり、前年同月比で総計は+1.9%、医療保険分+2.4%、各法分+0.2%となっています。

(注)総務省統計局公表の労働力調査(平成30年4月分速報)より


※ 医療保険分は全国健康保険協会・健康保険組合等、各法分は生活保護・自治体医療等である。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

広報室 広報課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441(内線753、755)
ファックス:03-3591-6708

メールアドレス:honbu@ssk.or.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成30年度

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る