このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

電子レセプトの作成

最終更新日:2017年11月22日

電子レセプト作成の手引き、記録条件仕様及び標準仕様等

電子レセプトは、点数表(医科・DPC・歯科・調剤)ごとに、「電子レセプト作成の手引き」を参考に、標準仕様及び記録条件仕様に沿って、レセプト電算マスターコードを使用して作成します。

  • 記録条件仕様とは
    請求省令の規定に基づき、電子レセプトに記録する情報(医療機関情報、保険者情報、診療行為情報、医薬品情報、特定器材情報など)の記録方法を定めたフォーマット。
  • 標準仕様とは
    保険医療機関から審査支払機関に電子レセプトを請求するにあたって、医療機関において事前に点検が必要な事項を定めた仕様。
  • レセプト電算マスターコードとは
    記録条件仕様に記録する情報のうちコードで表現できるマスターコードで、代表的なものには、傷病名マスター、診療行為マスター、医薬品マスター及び特定器材マスターなどがある。

関係通知

医科

DPC

歯科

  • 平成28年8月8日に掲載した「電子レセプトの作成手引き­歯科­(平成28年7月版)」を差し替えました(平成28年10月7日更新)

調剤

電子点数表及び基本マスター

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る