このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

97 呼吸心拍監視①(硬膜外麻酔による手術)

最終更新日:2016年4月1日

 《平成20年8月25日新規》
 《平成22年5月27日更新》
 《平成26年9月22日更新》

取扱い

 硬膜外麻酔による手術に伴う呼吸心拍監視は認められる。

取扱いを定めた理由

 硬膜外麻酔による術中・術後において、血圧降下など当然のごとく発生する副作用や術中・術後の出血に伴って発生する偶発事故の兆候を早期に発見するには、呼吸心拍監視を用いる。

留意事項

 手術を伴わない硬膜外麻酔として、硬膜外ブロックでは、偶発事故の発生は少ないことから、呼吸心拍監視の算定については、「心機能の低下があり、神経ブロックによる血圧降下の及ぼす影響が著しく、合併症の危険性が増す」等の医学的に必要な理由がある場合に限られる。

お問い合わせ

審査企画部 医科審査第1課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441

本文ここまで

サブナビゲーションここから

検査

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る