このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

歯冠修復及び欠損補綴

区分番号 タイトル 事例内容
M001-2 う蝕歯即時充填形成 原則として、再度初診となった場合、前回充填した同一部位に対し、6か月以内の再度のう蝕歯即時充填形成の算定を認める。
M001-2 う蝕歯即時充填形成② 原則として、「咬耗症(Att)」病名に対するう蝕󠄀歯即時充填形成の算定を認める。
M001-2 う蝕歯即時充填形成、充填及び歯科充填用材料 原則として、う蝕󠄀歯即時充填形成後、同一初診期間内に「Pul」病名で抜髄を行った場合、抜髄前のう蝕󠄀歯即時充填形成、充填及び歯科充填用材料の算定を認める。
M001-3 う蝕歯インレー修復形成 原則として、インレー装着後、同月内にPul症状で抜髄を行った場合、抜髄前のう蝕歯インレー修復形成、印象採得、咬合採得及びインレー装着の算定を認める。
M001-3 う蝕歯インレー修復形成② 原則として、印象採得を算定し咬合採得の算定がないう蝕歯インレー修復形成の算定を認める。
M006 咬合採得 原則として、乳歯金属冠の装着にあたり間接法で行う場合、「M006 咬合採得 1歯冠修復」の算定を認める。
- 金属小釘【削除】

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

審査情報提供事例(歯科)

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る