このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度診療報酬改定(答申書)に伴うマスターファイル仕様等に係る説明会を開催

 支払基金は2月20日、支払基金本部において中央社会保険医療協議会の答申を踏まえた「平成30年度診療報酬改定等に伴うマスターファイル仕様及び記録条件仕様の変更等に係る説明会」を開催しました。
 この説明会は、レセプト電算処理システム(医科、DPC、歯科、調剤)を運用する開発メーカー等に対して、現在検討を進めているマスターファイル仕様及び記録条件仕様の変更(案)等について、事前に説明を行うことにより、保険医療機関等におけるシステム対応が円滑に行われることを目的としております。
 説明会には、医科・DPC53社、歯科45社、調剤38社の開発メーカー等が参加されました。

 説明内容

  1. マスターファイル仕様の変更(案)等について
  2. 記録条件仕様の変更(案)等について
  3. 接続試験のスケジュールについて

お問い合わせ

システム部 レセ電開発課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成29年度

こちらもお探しですか

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る