このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

331 レボブピバカイン塩酸塩②(麻酔科30)

最終更新日:2019年9月30日

《令和元年9月30日新規》

標榜薬効(薬効コード)

局所麻酔剤(121)

成分名

レボブピバカイン塩酸塩【注射薬】

主な製品名

ポプスカイン0.25%注シリンジ25mg/10ml
ポプスカイン0.25%注バッグ250mg/100ml
ポプスカイン0.25%注25mg/10ml
ポプスカイン0.5%注シリンジ50mg/10ml
ポプスカイン0.5%注50mg/10ml

承認されている効能・効果

ポプスカイン0.25%注シリンジ25mg/10ml:術後鎮痛、伝達麻酔
ポプスカイン0.25%注バッグ250mg/100ml:術後鎮痛
ポプスカイン0.25%注25mg/10ml:術後鎮痛、伝達麻酔
ポプスカイン0.5%注シリンジ50mg/10ml:伝達麻酔
ポプスカイン0.5%注50mg/10ml:伝達麻酔

承認されている用法・用量

(ポプスカイン0.25%注シリンジ25mg/10mLから抜粋)
 術後鎮痛には、手術終了時に、通常、成人に6mL/時(レボブピバカインとして15㎎/時)を硬膜外腔に持続投与する。
 なお、期待する痛覚遮断域、手術部位、年齢、身長、体重、全身状態等により4~8mL/時の範囲で適宜増減する。

 伝達麻酔には、通常、成人に1回40mL(レボブピバカインとして100㎎)までを目標の神経あるいは神経叢近傍に投与する。複数の神経ブロックを必要とする場合でも、総量として60mL(レボブピバカインとして150㎎)を超えないこと。
 なお、期待する痛覚遮断域、手術部位、年齢、身長、体重、全身状態等により適宜減量する。

薬理作用

局所麻酔作用

使用例

原則として、「レボブピバカイン塩酸塩【注射薬】(0.25%製剤、0.5%製剤)」を「硬膜外麻酔」を目的に使用した場合、当該使用事例を審査上認める。

使用例において審査上認める根拠

薬理作用が同様であり、妥当と推定される。

留意事項

(1) 当該使用例の用法・用量
  ア 0.25%製剤
    通常、成人に1回20mL(レボブピバカインとして50mg)を硬膜外腔に投与する。
    なお、期待する痛覚遮断域、手術部位、年齢、身長、体重、全身状態等により適宜減量する。
    小児(6か月以上)においては0.125~0.25%レボブピバカイン1mL/kg(最大1.5mL/kg)を投与
   する。ただし、レボブピバカイン0.4mg/kg/hr(0.125%レボブピバカイン0.32mL/kg/hr、0.25%
   レボブピバカイン0.16ml/kg/hr)を超えない範囲で投与する。小児(6か月未満)では0.25mg/kg/hr
   を超えないこと。
  イ 0.5%製剤
    通常、成人に1回20mL(レボブピバカインとして100mg)を硬膜外腔に投与する。
    なお、期待する痛覚遮断域、手術部位、年齢、身長、体重、全身状態等により適宜減量する。
(2) ショックあるいは中毒症状を避けるために、患者のバイタルサイン(血圧、心拍数、呼吸数等)及び
  全身状態の観察を十分に行い、できるだけ必要最少量にとどめること。1歳未満児には、36~48時間以上
  の連続投与は奨められない。0.3%以上のものを使用すると運動麻痺が増強する可能性がある。

お問い合わせ

審査統括部 内科専門課、外科・混合専門課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441

本文ここまで

サブナビゲーションここから

100番台 神経系及び感覚器官用医薬品

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る