このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

レセプト電子データ提供事業

レセプト電子データ提供事業とは

本事業は、レセプト電算処理システムによる電子レセプト(CSV情報)をオンライン又は電子媒体により電子で受領することを選択した保険者(公費実施機関を含む。)であって、CSV情報以外の付加的なデータの提供を希望する保険者に対し、電子レセプトについては「画像データ」及び「テキストデータ」を、紙レセプトについては「テキストデータ(※)」を提供する事業です。
これらのデータを活用し、保険者の資格確認、高額療養費の支給等保険者業務の迅速化及び効率化、紙レセプトを保管するためのスペースやコストの軽減、保険者事業の展開など、円滑な保険事業運営に寄与することを目的としています。

提供内容等

電子レセプト(CSV情報)に付加して「画像データ」「テキストデータ」を提供

支払基金は、保険者がCSV情報による請求を選択した場合には、保険医療機関等から提出された電子レセプトに審査結果データを付加し、CSV情報を保険者の選択する方法(オンライン、CD-R又はDVD-R)により請求します。
この場合、CSV情報は、傷病名や医薬品などが数値に置き換えられたデータによって構成されていますので、保険者では、このCSV情報を日本語の傷病名や医薬品名に変換(翻訳)するためのシステムの開発が必要になります。
支払基金では、保険者の利便性等を考慮し、こうしたシステムがなくてもCSV情報を扱えるよう、希望する保険者に対して、CSV情報を紙レセプトと同じ形にイメージ化した「画像データ」と、被保険者資格、傷病名、請求点数等のデータを「テキストデータ」として提供します。

紙レセプトも「テキストデータ」を提供

保険医療機関等からの請求は、平成21年11月の請求省令改正により、主に電子レセプトでの請求となりましたが、若干の紙レセプトが残存している状況です。
平成28年3月診療(5月提供)分から保険医療機関等より提出された紙レセプトを画像化して保険者へ請求する方式に変更したことに伴い、紙レセプトの「画像データ」は、レセプト電子データ提供事業から廃止しましたが、希望する保険者には、紙レセプトの「テキストデータ」を提供します。
保険者は、電子レセプトと紙レセプトが混在する状況下において、両者を同一のデータとして一元的に処理することにより、紙レセプトから電子レセプトへの移行を円滑に行うことができます。

オンラインによるデータ提供

保険医療機関等が支払基金に提出するレセプトについては、出力紙レセプトによる返戻再請求分や免除該当の保険医療機関等分を除き、原則としてすべてのレセプトが電子レセプトで提出されています。また、支払基金から保険者に請求するレセプトについても、オンライン請求システムにより、CSV情報に加え、「画像データ」及び「テキストデータ」を保険者に配信しています。

利用料

レセプト電子データ提供事業については、審査支払業務とは別に、単独で収支の均衡を図るために必要な水準の利用料を設定しています。

【平成29年度】

レセプトの種類

基本料

オプション
(傷病情報)

合計

電子レセプト
 
(画像+テキスト)

1.5円

(テキストに含む)

1.5円

紙レセプト
 
(テキスト)

5.1円

3.5円

8.6円

各種申出書

レセプト電子データ提供要領等

最新版のレセプト電子データ提供要領等を登載しています。

電子レセプトのCSV情報及びレセプト電子データのサンプルデータ

  • 「電子レセプトのCSV情報」、本事業で提供する「テキストデータ」及び「画像データ」のサンプルを登載しておりますので、活用願います。
  • 包括評価対象外理由(GR)レコード及び調剤情報(CZ)レコードの記録に対応した事例を追加しました。(平成28年11月17日更新)

注記:サンプルデータは、架空の医療機関(薬局)コード、患者名等を用いて作成しております。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る