このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

31 インスリン(IRI)(糖尿病確定後の患者)

最終更新日:2016年4月1日

 《平成18年3月27日新規》
 《平成22年5月27日更新》
 《平成26年9月22日更新》

取扱い

 原則として、糖尿病確定後の患者に対して、インスリン(IRI)は認められる。

取扱いを定めた理由

 糖尿病として診断されても、その型別の判断が困難である症例も見受けられる。糖尿病の病態把握、特にインスリン抵抗性を知るために、一定間隔での経過観察が必要な場合もある。
 まれな病型であるが、slowly progressive Ⅰ型糖尿病においては、発症初期には一見Ⅱ型糖尿病のような臨床症状を呈する。

留意事項

 C-ペプチド(CPR)との併施は、インスリン異常症等の場合を除き原則として認められない。
 インスリン治療中は認められない。

お問い合わせ

審査企画部 医科審査第1課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441

本文ここまで

サブナビゲーションここから

検査

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る