このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

疑問5 事業仕分け等で議論されている審査支払機関の統合について、支払基金としてはどのように考えているのか。

最終更新日:2016年4月1日

 一般論として言えば、審査支払の制度は医療保険制度の一部を成すものでありますので、その在り方については、医療保険制度全体のあるべき姿を議論する中で、総合的に議論されるべきものではないかと考えています。
 その上で支払基金は、政府や立法府における議論を見守っているところです。
 いずれにしても、支払基金は、保険者からの手数料のみをもって事業を運営していることから、現在の顧客である保険者の皆様方に満足・納得いただけるよう、審査支払業務を適切かつ迅速に実施していくこととしています。

【参考:これまでの議論】

年月

項目 内容
平成13年12月 特殊法人等整理合理化計画(閣議決定) 民間法人化 業務を独占させず、競争(保険者直接審査や民間委託)を
平成14年3月 規制改革推進3か年計画(閣議決定) 同旨
平成14年12月 厚生労働省保険局長通知 支払基金への委託義務を廃止
平成19年6月 規制改革推進のための3か年計画(閣議決定) 審査支払機関間の受託競争の促進
平成21年11月 行政刷新会議 事業仕分け 国保連・支払基金の統合
平成22年4~12月 厚生労働省 審査支払機関の在り方に関する検討会 組織の在り方は継続検討
平成23年12月
平成24年9月
衆議院 決算行政監視委員会決議 統合、競争

お問い合わせ

経営企画部 企画課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441(内線742)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

審査業務関係等(平成26年6月)

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る