このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

311 フルオロウラシル①、レボホリナートカルシウム①、オキサリプラチン①(胃癌1)

最終更新日:2019年2月25日

 《平成29年2月27日新規》

標榜薬効(薬効コード)

 ① フルオロウラシル
   代謝拮抗剤(422)
 ② レボホリナートカルシウム
   解毒剤(392)
 ③ オキサリプラチン
   その他の腫瘍用薬(429)

成分名

 ① フルオロウラシル【注射薬】
 ② レボホリナートカルシウム【注射薬】
 ③ オキサリプラチン【注射薬】

主な製品名

 ① フルオロウラシル
   5-FU注250mg、5-FU注1000mg、他後発品あり
 ② レボホリナートカルシウム
   アイソボリン点滴静注用25mg、アイソボリン点滴静注用100mg、他後発品あり
 ③ オキサリプラチン
   エルプラット点滴静注液50mg、エルプラット点滴静注液100mg、エルプラット点滴静注液200mg、他後発品あり

承認されている効能・効果

 ① フルオロウラシル
   下記疾患の自覚的並びに他覚的症状の緩解
   胃癌、肝癌、結腸・直腸癌、乳癌、膵癌、子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌
   ただし、下記の疾患については、他の抗悪性腫瘍剤又は放射線と併用することが必要である。
   食道癌、肺癌、頭頸部腫瘍
   以下の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法
   頭頸部癌
   レボホリナート・フルオロウラシル持続静注併用療法
   結腸・直腸癌、治癒切除不能な膵癌
 ② レボホリナートカルシウム
  ア レボホリナート・フルオロウラシル療法
    胃癌(手術不能又は再発)及び結腸・直腸癌に対するフルオロウラシルの抗腫瘍効果の増強
  イ レボホリナート・フルオロウラシル持続静注併用療法
    結腸・直腸癌及び治癒切除不能な膵癌に対するフルオロウラシルの抗腫瘍効果の増強
 ③ オキサリプラチン
    治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌、結腸癌における術後補助化学療法、治癒切除不能な膵癌、胃癌

承認されている用法・用量

 ① フルオロウラシル
  ア 単独で使用する場合
  (ア)フルオロウラシルとして、通常、成人には1日5〜15mg/kgを最初の
     5日間連日1日1回静脈内に注射又は点滴静注する。以後5〜7.5mg/kgを隔日に1日1回静脈内に注射又は点滴静注する。
  (イ)フルオロウラシルとして、通常、成人には1日5〜15mg/kgを隔日に1日1回静脈内に注射又は点滴静注する。
  (ウ)フルオロウラシルとして、通常、成人には1日5mg/kgを10〜20日間連日1日1回静脈内に注射又は点滴静注する。
  (エ)フルオロウラシルとして、通常、成人には1日10〜20mg/kgを週1回静脈内に注射又は点滴静注する。
    また、必要に応じて動脈内に通常、成人には1日5mg/kgを適宜注射する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。
 イ 他の抗悪性腫瘍剤又は放射線と併用する場合
  フルオロウラシルとして、通常、成人には1日5〜10mg/kgを他の抗悪性腫瘍剤又は放射線と併用し、アの方法に準じ、又は間歇的に週1〜2回用いる。
 ウ 頭頸部癌に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法の場合
  他の抗悪性腫瘍剤との併用療法において、通常、成人にはフルオロウラシルとして1日1000mg/㎡(体表面積)までを、4〜5日間連日で持続点滴する。投与を繰り返す場合には少なくとも3週間以上の間隔をあけて投与する。本剤単独投与の場合には併用投与時に準じる。
  なお、年齢、患者の状態などにより適宜減量する。
 エ 結腸・直腸癌に対するレボホリナート・フルオロウラシル持続静注併用療法
  (ア)通常、成人にはレボホリナートとして1回100mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして400mg/㎡(体表面積)を静脈内注射、さらにフルオロウラシルとして600mg/㎡(体表面積)を22時間かけて持続静注する。これを2日間連続して行い、2週間ごとに繰り返す。
  (イ)通常、成人にはレボホリナートとして1回250mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして2600mg/㎡(体表面積)を24時間持続静注する。1週間ごとに6回繰り返した後、2週間休薬する。これを1クールとする。
  (ウ)通常、成人にはレボホリナートとして1回200mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして400mg/㎡(体表面積)を静脈内注射、さらにフルオロウラシルとして2400〜3000mg/㎡(体表面積)を46時間持続静注する。これを2週間ごとに繰り返す。
  なお、年齢、患者の状態などにより適宜減量する。
 オ 治癒切除不能な膵癌に対するレボホリナート・フルオロウラシル持続静注併用療法
  通常、成人にはレボホリナートとして1回200mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして400mg/㎡(体表面積)を静脈内注射、さらにフルオロウラシルとして2400mg/㎡(体表面積)を46時間持続静注する。これを2週間ごとに繰り返す。
  なお、年齢、患者の状態などにより適宜減量する。

 ② レボホリナートカルシウム
  ア レボホリナート・フルオロウラシル療法
    通常、成人にはレボホリナートとして1回250mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射開始1時間後にフルオロウラシルとして1回600mg/㎡(体表面積)を3分以内で緩徐に静脈内注射する。1週間ごとに6回繰り返した後、2週間休薬する。これを1クールとする。
  イ 結腸・直腸癌に対するレボホリナート・フルオロウラシル持続静注併用療法
   (ア)通常、成人にはレボホリナートとして1回100mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして400mg/㎡(体表面積)を静脈内注射するとともに、フルオロウラシルとして600mg/㎡(体表面積)を22時間かけて持続静脈内注射する。これを2日間連続して行い、2週間ごとに繰り返す。
   (イ)通常、成人にはレボホリナートとして1回250mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして2600mg/㎡(体表面積)を24時間かけて持続静脈内注射する。1週間ごとに6回繰り返した後、2週間休薬する。これを1クールとする。
   (ウ)通常、成人にはレボホリナートとして1回200mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして400mg/㎡(体表面積)を静脈内注射するとともに、フルオロウラシルとして2400~3000mg/㎡(体表面積)を46時間かけて持続静脈内注射する。これを2週間ごとに繰り返す。
  ウ 治癒切除不能な膵癌に対するレボホリナート・フルオロウラシル持続静注併用療法
   通常、成人にはレボホリナートとして1回200mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして400mg/㎡(体表面積)を静脈内注射するとともに、フルオロウラシルとして2400mg/㎡(体表面積)を46時間かけて持続静脈内注射する。これを2週間ごとに繰り返す。

 ③ オキサリプラチン
  ア 治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌及び結腸癌における術後補助
   化学療法にはA法又はB法を、治癒切除不能な膵癌にはA法を、胃癌にはB法を使用する。なお、患者の状態により適宜減量する。
   A法:他の抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人にはオキサリプラチンとして85㎎/㎡(体表面積)を1日1回静脈内に2時間で点滴投与し、少なくとも13日間休薬する。これを1サイクルとして投与を繰り返す。
   B法:他の抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人にはオキサリプラチンとして130㎎/㎡(体表面積)を1日1回静脈内に2時間で点滴投与し、少なくとも20日間休薬する。これを1サイクルとして投与を繰り返す。
  イ 本剤を5%ブドウ糖注射液に注入し、250~500mLとして、静脈内に点滴投与する。

薬理作用

 ① フルオロウラシル
   DNA合成阻害作用
 ② レボホリナートカルシウム
   フルオロウラシルの抗腫瘍効果増強作用
 ③ オキサリプラチン
   DNAの複製及び転写阻害

使用例

 原則として、「フルオロウラシル、レボホリナートカルシウム、オキサリプラチン【注射薬】」を「症状詳記等により医学的妥当性があると判断」された場合、「胃癌に対するFOLFOX療法」の投与を審査上認める。

使用例において審査上認める根拠

 薬理作用に基づいており、妥当と推定される。

留意事項

 症例を選び適正に使用されるべきであること。
 なお、先進医療B-52「mFOLFOX6及びパクリタキセル腹腔内投与の併用療法」の適格基準を満たし、かつ同試験に参加中もしくは参加希望の患者を除く。

その他参考資料等

 NCCN Guidelines Gastric Cancer

使用例に記載されている「胃癌に対するFOLFOX療法」の用法・用量

 ① レボホリナート・フルオロウラシル持続静注併用療法
   ア 通常、成人にはレボホリナートとして1回100mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして400mg/㎡(体表面積)を静脈内注射、さらにフルオロウラシルとして600mg/㎡(体表面積)を22時間かけて持続静注する。これを2日間連続して行い、2週間ごとに繰り返す。
   イ 通常、成人にはレボホリナートとして1回250mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして2600mg/㎡(体表面積)を24時間持続静注する。1週間ごとに6回繰り返した後、2週間休薬する。これを1クールとする。
   ウ 通常、成人にはレボホリナートとして1回200mg/㎡(体表面積)を2時間かけて点滴静脈内注射する。レボホリナートの点滴静脈内注射終了直後にフルオロウラシルとして400mg/㎡(体表面積)を静脈内注射、さらにフルオロウラシルとして2400〜3000mg/㎡(体表面積)を46時間持続静注する。これを2週間ごとに繰り返す。
      なお、年齢、患者の状態などにより適宜減量する。

 ② オキサリプラチン
    患者の状態により適宜減量する。
    A法:他の抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人にはオキサリプラチンとして85mg/㎡(体表面積)を1日1回静脈内に2時間で点滴投与し、少なくとも13日間休薬する。これを1サイクルとして投与を繰り返す。

お問い合わせ

審査統括部 内科専門課、外科・混合専門課、歯科専門課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441

本文ここまで

サブナビゲーションここから

300番台 代謝性医薬品

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る