このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

315 クロピドグレル硫酸塩(脳卒中1)

最終更新日:2019年2月25日

 《平成30年2月26日新規》

標榜薬効(薬効コード)

 その他の血液・体液用薬(339)

成分名

 クロピドグレル硫酸塩【内服薬】

主な製品名

 プラビックス錠75㎎、クロピドグレル錠75㎎、他後発品あり

承認されている効能・効果

(1)虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制
(2)経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患
  急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)
  安定狭心症、陳旧性心筋梗塞
(3)末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制

承認されている用法・用量

(1)虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合
  通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。
(2)経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患の場合
  通常、成人には、投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口投与し、その後、維持量として1日1回75mgを経口投与する。
(3)末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合
  通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与する。

薬理作用

 血小板凝集抑制作用、抗血栓効果

使用例

 原則として、「クロピドグレル硫酸塩【内服薬】」を「非心原性脳梗塞急性期」、「一過性脳虚血発作急性期」の再発抑制に対して「通常、成人には、投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口投与し、その後、維持量として1日1回75mgを経口投与」した場合、当該使用事例を審査上認める。

使用例において審査上認める根拠

 薬理作用に基づいており、妥当と推定される。

留意事項

 クロピドグレル硫酸塩非服用例の場合に限り、当該使用事例を認める。
 他の抗血小板薬や抗凝固薬を併用する場合は、出血合併症をきたす可能性が高くなると考えられることから注意が必要である。

その他参考資料等

 脳卒中治療ガイドライン2015(日本脳卒中学会)

お問い合わせ

審査統括部 内科専門課、外科・混合専門課、歯科専門課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441

本文ここまで

サブナビゲーションここから

300番台 代謝性医薬品

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る