このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

115 アドレナリン②(小児科26)

最終更新日:2016年4月1日

 《平成21年9月15日新規》

標榜薬効(薬効コード)

 副腎髄質ホルモン(245)

成分名

 アドレナリン【外用薬】

主な製品名

 ボスミン液

承認されている効能・効果

① 次の疾患に基づく気管支痙攣の緩解:気管支喘息、百日咳
② 局所麻酔薬の作用延長(粘膜面の表面麻酔に限る)
③ 手術時の局所出血の予防と治療
④ 耳鼻咽喉科領域における局所出血
⑤ 耳鼻咽喉科領域における粘膜の充血・腫脹
⑥ 外創における局所出血

薬理作用

 交感神経刺激作用

使用例

 原則として、「アドレナリン【外用薬】」を「クループ症候群」に対し処方した場合、当該使用事例を審査上認める。

使用例において審査上認める根拠

 薬理作用が同様と推定される。

留意事項

 使用上の注意において、「小児等では全身の副作用が起こりやすいので、少量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。」と記載があることに留意して使用されるべきであること。

お問い合わせ

審査統括部 内科審査課、外科・混合審査課
〒105-0004 東京都港区新橋二丁目1番3号
電話:03-3591-7441

本文ここまで

サブナビゲーションここから

200番台 個々の器官系用医薬品

利用者別メニュー

  • 医療機関・薬局の方
  • 保険者の方
  • 地方公共団体の方
  • 一般の方

様式集

支部情報

よくあるご質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © Health Insurance Claims Review & Reimbursement services. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る